専門家向けセミナー

VICON ユーザカンファレンス2015

日時

2015年2月14日(土) 10:00〜18:00

会場

東京工科大学(3号館地下1F大講義室)
JR蒲田駅より徒歩3分
http://www.teu.ac.jp/campus/access/006644.html

講師名

山本 澄子先生(国際医療福祉大学大学院)
江原 義弘先生(新潟医療福祉大学大学院)
通訳:布目 寛幸先生(福岡大学)
【海外招聘特別講演】
Prof.Markus Heller University of Southhampton 新アルゴリズムSARA&SCoRE 開発者

概要

平素より三次元動作解析装置VICONをお使いいただき、誠にありがとうございます。
VICONユーザの皆様を対象に「VICONユーザカンファレンス2015」を東京にて開催させて頂きます。VICONを利用し多数研究をご発表されている著名な先生方にご講演いただきます。VICONユーザ皆様の交流の場として、またVICON製品の最新情報を入手する場として、是非ともこの機会をご活用ください。また今回はVICON創立30周年記念ソフトNEXUS2の情報提供を中心に開催致します。

総合司会: 山本 澄子先生(国際医療福祉大学大学院)
江原 義弘先生(新潟医療福祉大学大学院)

通訳: 布目 寛幸先生(名古屋大学)

海外招聘特別講演:Prof.Markus Heller University of Southampton

【講演予定内容】
●非GPS環境下における飛行ロボットの自律制御とVICONシステム
                               千葉大学特別教授 野波 健蔵先生
●スイング運動のパターン波形の力学原理
                               慶応義塾大学 太田 憲先生
●「NEWS from VICON NEXUS2」
                               VICON MOTION SYSTEMS
●「NEXUS2のメリット・デメリット」
                               新潟医療福祉大学大学院 江原 義弘先生
●PointclusterとOCST関節中心計算の比較
                               神奈川県立保健福祉大学 石井 慎一郎先生

募集人数

200名(事前登録制・先着順)

受講料金

¥5,000(昼食付) ただし、三次元動作解析装置VICON所有施設にご所属の方は無償となります。

対象

VICONユーザー 様
VICON導入をお考えの御施設 様
三次元動作解析に興味をお持ちの方 様

備考

アンケートのお願い
申し込みの際、備考欄にアンケートを実施致しております。
VICONの使用方法やシステムに関するご質問、解析方法など、その他ご質問が御座いましたらどんな事でも結構ですので記入をお願い致します。

Copyright (C) 2010 InterReha & Physio Center. All Rights Reserved.