専門家向けセミナー

VICON ユーザーカンファレンス2011

日時

2011年12月3日(土) 10:00~18:00

会場

会場:京都会館
東西線東山駅より徒歩8分 平安神宮となり
http://www.kyoto-ongeibun.jp/kyotokaikan/map.php

主催

インターリハ株式会社

講師名

国際医療福祉大学大学院 山本澄子教授
新潟医療福祉大学大学院 江原義弘教授
宮崎大学医学部 整形外科 河原 勝博先生
JISS(国立スポーツ科学センター) 松尾彰文先生
京都府立医大病院リハビリテーション部 久保秀一先生
VICON MOTION SYSTEMS
株式会社アシックススポーツ工学研究所 仲谷政剛先生
国際医療福祉大学 勝平純司先生

概要

平素より三次元動作分析装置VICONをお使いいただき、誠にありがとうございます。
VICONユーザの皆様を対象に「VICONユーザカンファレンス2011」を京都にて開催させて頂きます。VICONを利用し多数研究をご発表されている著名な先生方にご講演いただきます。VICONユーザ皆様の交流の場として、またVICON製品の最新情報を入手する場として、是非ともこの機会をご活用ください。

総合司会
国際医療福祉大学大学院 山本澄子教授
新潟医療福祉大学大学院 江原義弘教授

【講演予定内容】
●「前十字靭帯損傷膝の動作分析」-関節弛緩性の有無についての検討-
宮崎大学医学部 整形外科 河原 勝博先生

●「モーションキャプチャーを使った陸上競技スプリント能力向上のための試み」
JISS(国立スポーツ科学センター) 松尾彰文先生

●「歩行解析からTKAのリハビリテーションを考える」
京都府立医大病院リハビリテーション部 久保秀一先生

●「NEXUS2 と POLYGON4の新機能 」/「日本ユーザでよくある質問とその回答」
VICON MOTION SYSTEMS

●「スポーツ用具設計におけるVICONの活用事例」
株式会社アシックススポーツ工学研究所 仲谷政剛先生

●「VICONを使用した腰部負担の評価と応用」
国際医療福祉大学 勝平純司先生

募集人数

200名(先着順)

受講料金

5,000円(昼食付き) 
ただし三次元動作分析装置 VICON所有施設所属者は無償 

対象

VICONユーザー 様
VICON導入をお考えの御施設 様
三次元動作解析に興味をお持ちの方 等

備考

【アンケートのお願い】
申し込みの際、備考欄にアンケートを実施致しております。
VICONの使用方法やシステムに関するご質問、解析方法など、その他ご質問等が御座いましたらどんな事でも結構ですので記入をお願いいたします。


Copyright (C) 2010 InterReha & Physio Center. All Rights Reserved.