専門家向けセミナー

最新の物理療法のご紹介(基本と臨床応用) 宮城会場
— 本当に役立てるために必要な理論と実際 —

日時

平成24年 4月22日(日曜日)10:00~15:00

会場

医療法人松田会 松田病院

宮城県仙台市泉区実沢字立田屋敷17-1

主催

インターリハ株式会社

講師名

講師名:庄本 康治(理学療法士)

畿央大学大学院健康科学研究科 教授 
畿央大学 健康科学部 理学療法学科 教授 学科長
1.
所属:
 日本理学療法士学会、日本物理療法学会、体力医学会、奈良県理学療法士協会 
 日本褥瘡学会、国際レーザー学会
主な著書:
 1.筋骨格系検査法 第2版 医歯薬出版株式会社
 2.ケ-スで学ぶ理学療法臨床思考 文光堂
 3.課題別 図解理学療法技術ガイド 文光堂
 4.物理療法臨床判断ガイドブック 文光堂
 5.公認アスレティックトレーナーテキスト
 6.物理療法学テキスト 南江堂
2.
研究テーマ:
1.脳卒中後上肢運動障害に対する末梢神経電気刺激療法の効果

2.外科手術後のTENSによる鎮痛,呼吸機能への影響
3.鏡治療と筋電誘発電気刺激の組み合わせ治療が脳卒中後の上肢機能に与える影響
4.重症心不全症例に対する電気刺激筋力増強訓練の影響
5.前庭神経直流刺激が半側空間無視症例に対する影響


概要

【セミナー概要】 
1.リハビリテ−ション医療における物理療法の現状(国内外の臨床と研究)
2.電気療法について
(ア)基本
(イ)鎮痛の為の電気療法
   ①TENS(変形性閉節症、外科手術後、月経痛 等)
   ②Iontophoresis(整形外科疾患の炎症抑制)
(ウ) 神経筋コントロールのための電気療法
   ①筋力増強(心疾患,呼吸器疾患,その他)
   ②脳卒中後弛緩性片麻痺を呈する肩関節亜脱臼予防
   ③痙性抑制
   ④脱神経筋刺激
   ⑤biofeedback治療
   ⑥筋電誘発電気刺激療法(EMG triggered electrical nerve stimulation)
   ⑦脳血管障害症例に対するperipheral nerve stimulation(PNS)
   ⑧機能的電気刺激(Functional electrical stimulation)
3.超音波療法について
(ア) 基本
(イ) ROM制限のための超音波療法
(ウ) 石灰沈着性腱板炎に対する超音波療法
(エ) 手根管症候群に対する超音波療法
(オ) その他

4.創傷治癒のための物理療法
(ア)基本
(イ)電気療法
(ウ)超音波療法
(エ)レーザー療法
(オ)紫外線療法
(カ)水治療法

募集人数

定員50名

受講料金

¥2,000円「受講料金に関しましてはセミナー当日会場にて精算いたします。」
尚、購入施設様に関しましては無料となっております。

対象

特に制限はありません。

備考

受講料金に関しましてはセミナー当日会場にて精算いたします。

Copyright (C) 2010 InterReha & Physio Center. All Rights Reserved.