専門家向けセミナー

FT-Physio ツールを用いた機能的トレーニング 東京セミナー 1回目
FT-Physio Tool③リリース&ポスチュアルコントロール 

日時

1日目 6月30日(土) 13:00~19:00(6時間)
2日目 7月1日(日)  9:00~14:00(4時間:昼休みを含みます)

会場

フィジオセンター
東京都港区虎ノ門3-7-14AMビルディング3階
東京メトロ日比谷線神谷町駅 4b出口より徒歩3分
 
http://www.physiocenter.jp/access/index.html

主催

インターリハ株式会社

講師名

磯 あすか(フィジオセンター)
TOGU FT-Coach,FT-Physioインストラクター

1997年東京都立医療技術短期大学理学療法学科卒業
1997年~1999年武部整形外科リハビリテーション有床診療所勤務
1999年~2003年小川病院リハビリテーション科
2000年佛教大学社会学部社会福祉学科卒業
2003年フィジオセンター.

「学会発表」

足趾筋力の計測、足圧分布と姿勢の関係、部分免荷トレッドミル歩行による姿勢の変化、立位部分免荷時の骨盤底筋活動計測などについて日本体力医学会、日本理学療法学術大会、関東甲信越ブロック理学療法士学会、アジア理学療法士学会にて発表

「資格」

理学療法士
心臓リハビリテーション指導士
日本ラグビーフットボール協会 女子委員会トレーナー
学習院大学ラグビー部 トレーナー

概要

「FT-Physio ツールを用いた機能的トレーニング」・・・1日目(土曜日)

日常動作やスポーツ活動などの機能的動作を行う為の評価とトレーニングについて学びます。
動的安定性(機能的姿勢)とは何か、動的安定性の評価方法、運動の選択とプログレシックの仕方、エクササイズの体験(紹介)、グループワーク(評価、トレーニングメニューの作成と修正、再評価)

使用ツール(TOGU社):ABSボール、エアロステップ、マルチロール、ダイナー
 
「FT-Physio Tool③ リリース&ポスチュアルコントロール」・・・2日目(日曜日)

筋や筋膜のセルフリリース、体幹を安定させて上下肢の運動を動かすことによる姿勢のコントロールについて実習します。また、ツールの特徴を活かした評価、トレーニングの例についても紹介します。グループワークでは、目的に合わせて自分の評価が行えるように進めていきます。
 
使用ツール(TOGU社):フォームローラー、マルチロール、タッチボール

セミナーの目標:2日間を通して、動的安定性について理解し評価ができる、対象者のレベルに合わせた評価およびトレーニングの選択ができる。


尚このセミナーは、土曜日曜の2日間実施されます。

募集人数

18名

受講料金

①受講のみ:10,000円(ツールなし)
②受講+ツールセット:10,000円+36120円(税込、通常価格より2割引き)
※内訳:ABSボール、エアロステップ、マルチロール、ダイナーボールクッション(エアスタ)、フォームローラー、タッチボール
 
注)必ず申し込み時のフォームの「ご質問その他」欄に受講のみかツールセットかをご記入ください!

尚、受講及びツールセット等の受講料は事前振り込みとなります。
セミナー開催日、一週間前までに当社指定の銀行へお振込をお願いいたします。
振り込みに関する詳細は追ってメール致します。

対象

理学療法士、作業療法士、トレーナー、柔道整復師、鍼灸師、その他。

備考

注)必ず申し込み時のフォームの「ご質問その他」欄に受講のみかツールセットかをご記入ください!
 
運動のできる服装でお越しいただくか、トレーニングウエアなどをご持参ください。シューズは必要ありません。
昼食はご自身でご準備ください。
当日セミナーで使用するツールは会場で準備いたします。

Copyright (C) 2010 InterReha & Physio Center. All Rights Reserved.