専門家向けセミナー

第3回「マグネティック・スティミュレーション研究会(磁気刺激)」

日時

2012年8月18日(土) 10:00~17:30(予定)

会場

岡山県岡山市北区柳町2-1-1 山陽新聞社本社ビル 9階大会議室

主催

スティム・セラピー研究会(東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座 内)

講師名

東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座
社会医療法人財団慈泉会相澤病院
医療法人(財団)共済会清水病院
医療法人財団健貢会総合東京病院
医療法人社団朋和会西広島リハビリテーション病院
医療法人光心会諏訪の杜病院
医療法人寿人会木村病院

概要

近年磁気刺激装置(rTMS)の治療が注目されています。海外はもちろん国内におきましても多くの施設での臨床報告がされています。このような状況の中、第3回目の研究会を企画いたしました。今回の開催は次の3部構成で行います。

1. セラピストセミナー(パネルディスカッション形式)/ 午前:
タイトル:「セラピストは慢性期・維持期の脳卒中上肢マヒに対して何をすべきか?」

2. 研究会: 7施設からの磁気刺激治療の経過報告/午後

3. 市民フォーラム/午後:
タイトル:「あきらめていませんか? 脳卒中片麻痺」

セラピストセミナーを始め、磁気刺激装置をご使用の先生方の研究会発表の聴講、及び意見交換の場などの情報が満載ですので、お誘い合わせの上ご参加ください。

募集人数

150名(申し込み先着順)

受講料金

医師 5,000円  コメディカル 2,000円 (昼食は含まず)
*当日会場入場時にお支払いいただきます。

対象

医師、コメディカル

お申し込みはこちら
Copyright (C) 2010 InterReha & Physio Center. All Rights Reserved.