専門家向けセミナー

【8月20日】フィンランド式足病学メソッド特別セミナー in 広島
北欧で実績のある「フィンランド式足病学メソッド」と自費事業モデルご紹介

日時

2017年8月20日(日)  13:00~16:00 (12:30~受付)

会場

TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前
〒732-0821
広島県広島市南区大須賀町13-9
ベルヴュオフィス広島

主催

インターリハ株式会社

講師名

大田 幸作 (フィジオセンター所属 理学療法士、鍼灸マッサージ師)
フィンソール社公認ポディアトリセラピスト(インストラクター)、レッドコード社公認Neurac1,2国際インストラクター

概要

今回は北欧フィンランドを拠点として世界に広がる足/下肢機能改善を目的とした25年の実績のある「フィンランド式足病学メソッド」とその「自費モデル事業」をご紹介いたします。「フィンランド式足病学メソッド」は、全世界で約200施設近い施設で導入実績があり、足の各種問題をはじめ、膝や腰背部等の問題、歩行やスポーツパフォーマンス改善に利用されています。
治療コンセプト「足部と全身へかけての総合的アプローチ」を修得することで、治療者の専門性をさらに高めることが出来ます。導入時の研修では、足の構造とその機能を基本から理解して、足部の各運動軸の動きと働き、筋活動、下肢運動連鎖や歩行分析を実施いたします。また足部機能が低下した場合、どのような問題が下肢荷重連鎖、歩行で起きてしまうのかを理解して治療と運動アプローチおよびインソールの作成を実施します。またアフターフォローとしてホームエクササイズの処方等も研修いたします。


今回は導入前の紹介セミナーとして、独自の機能的インソール療法と徒手療法・運動療法による姿勢や歩行バランスの調整、また推奨される事業モデル(治療メニューおよび料金システム、エクササイズ用品の紹介および販売システム)をご紹介します。


【フィンランド式足病学メソッド導入時の研修内容】
1、 基本コース(3日間):基本的な足部構造、機能解剖の理解、運動学(足部の各運動軸と運動)および各足部機能の低下。治療アプローチとして足部関節モビライゼーション、筋・筋膜リリーステクニック、筋収縮機能改善のための運動プログラム、機能的インソールの作成法と実技指導
2、 アドバンスコース(2日間): 基本コースの復習および各種足の障害に対する徒手療法とエクササイズ、テーピング療法の実技指導


今回の紹介セミナーの内容
「講義プログラム」
・基礎的な足の機能解剖と各運動軸の荷重連鎖、歩行における働き
・足の機能不全が身体に及ぼす影響(姿勢、歩行)
・足部機能の改善を目的とした徒手療法および運動療法の紹介
・機能的インソール(フィンソール)の紹介と作成デモ
・教育セミナー紹介
・低コスト型起業スタイルの紹介


【フィンランド式足病学の対象モデル】
・整形外科における運動器疾患への導入モデル
・接骨院の自費診療モデル
・理学療法士等の独立開業モデル・

募集人数

25名予定(1施設2名まで 先着順)

受講料金

3,000円(当日会場にて精算致します)

対象

医師、理学療法士、柔道整復師、作業療法士、鍼灸マッサージ師、その他

お申し込みはこちら
Copyright (C) 2010 InterReha & Physio Center. All Rights Reserved.