専門家向けセミナー

症例から学ぶ! 変形性股関節症に対する個別性を配慮した評価

セミナー番号
9199
日時

令和3年8月26日(木)19:00-20:15  入室開始時間18:45分

会場

Zoomによる配信セミナーです。

主催

フィジオセンター

講師名

津田泰志 理学療法士、保健医療科学修士号、運動器認定理学療法士、TOGU認定インストラクター  2021年~医療法人快晴会 能見台整形外科 非常勤 2013年~浦和シニア(中学生硬式野球)トレーナー活動

概要

「変形性股関節症」という同一の診断名でも、問題となる動作や姿勢は症例ごとに異なります。基本的な評価項目に加え、個別性に配慮した評価を行い介入する事が必要なのです。たとえば歩行時に痛みを訴える症例では、立脚期の股関節求心位が保持できないことがあります。こんなときは、立位での重心移動や片脚立位などで評価を行い、症状が出た時のアライメントや筋活動を修正します。このようにすると、問題が把握できて動作の改善につながることをよく経験します。
このセミナーでは、変形性股関節症例の症例を提示し、問題点を見つけるための具体的な評価方法を紹介します。"筋力や可動域改善に加えてもっとできることはないか?"と思っている皆さんにお勧めのセミナーです。

STORES 予約 から予約する

募集人数

30名

受講料金

1,650円(税込み)

対象

理学療法士、作業療法士、健康運動指導士、トレーナー、医師、看護師、介護福祉士等、運動指導に従事する方

Copyright (C) 2010 InterReha & Physio Center. All Rights Reserved.